ホーム 書籍情報 雑誌情報 著者紹介 会社概要 お問い合わせ
現代スポーツ評論
現代スポーツ評論(10)

特集:オリンピックの記憶と幻想

中村 敏雄編集
定価 (本体1600円+税)
発行 2004年5月I
SBN4−921164−27−4

【目次】
ポストモダンのその後 本誌の5年間から(中村 敏雄
メディアのオリンピック ―肥大化する商業五輪。IOC、テレビパワー、広告代理店の功罪とは(松瀬 学
グローバル化とナショナリティ ―「越境」と「セキュリティの帝国」の狭間で(阿部 潔
なぜ五輪代表選考が揉めるのか(谷口 源太郎
少年時代に出会ったオリンピックに関する幾つかの思い出(坪内 祐三
やっぱりオリンピックなんかいらない!(江沢 正雄
体験的オリンピック論 走馬灯の五輪取材32年(須田 泰明
(座談会)三浦 信孝氏迎えて 文化・言語・スポーツ ―グローバリゼーションとクレオリゼーションの間で
(特別寄稿)カルカッタ、裸足の進撃(石井 昌幸
アテネへ(成田 真由美)
ボートから学んだこと(吉田 理子)
アテネから(結城 和香子)
いま話題のナンバ走りとは(矢野 龍彦)
ストリート&フィットネスクラブ(ミラウ・ミコフ)
甦りのウォーキング(笹川 暁子)
(時評)2003年スポーツ界で見えてきたもの(大野 晃
(書評)「ナショナルなこと」と「個人的なこと」をどう考えるか(清水 諭
 
MAILオーダー

MAILオーダーの内容が文字化けして表示される場合はこちら

雑誌情報トップへ戻る
次の雑誌を見る
オススメ
スポーツ報道論
書籍のご注文はこちら
オススメ
スポーツ・ファン・マネジメント
書籍のご注文はこちら
ホーム書籍情報雑誌情報著者紹介 | 会社概要お問合せ通信販売法の表記サイトポリシー
copyright © 2005-2018 SOBUNKIKAKU. all right reserved.