ホーム 書籍情報 雑誌情報 著者紹介 会社概要 お問い合わせ
書籍情報
1996年に一橋大学で始まった「スポーツ産業論講座」。
第1部では「スポーツ産業論」開講の背景や現代のスポーツをめぐる諸問題を概説。
第2部では「スポーツ産業論」の授業において、スポーツビジネス実務に携わるゲスト・スピーカーの現場実務における体験に基づく講演を収録。
第3部ではグローバル化する社会の中で、スポーツへ様々な影響をもたらしてきたメディアとスポーツとの関係を考える。

グローバル化するスポーツとメディア、ビジネス

(品切れ絶版)

編著:早川 武彦
ISBN4-921164-39-8 C3075

【目次】
第1部 スポーツ産業論講座とは 早川 武彦
第2部 スポーツ産業論講座
  第1章 二人の経験に学ぶ(重野 弘三郎さん、服部 茂章さん) 小倉 俊行
  第2章 企業スポーツの問題点と今後のスポーツクラブのあり方 前田 直樹
  第3章 J1から世界のFC東京へ 村林 裕
  第4章 企業保有のクラブから独立事業体としてのクラブへ 山谷 拓志
  第5章 写真家の現場から 宇都宮 徹壱
  第6章 プロスポーツクラブ経営の現状と今後 小谷 泰介
  第7章 スポーツとネット情報価値 小野寺 俊明
  第8章 中国におけるスポーツマーケティング 案野 裕行
  第9章 スポーツ・エージェントの実務 水戸 重之
  第10章 スポーツグッズとマーケティング 早川 武彦
第3部 すすむ国際スポーツのネットワーク化とメディアスポーツ 早川 武彦
  序 論
  第1章 変容する国際スポーツ組織の動向〜IOCとメディア
  第2章 国際メディア戦略としてのスポーツビジネス:メディア・スポーツ
  第3章 テレビ放映権料高騰と放送・通信業界の再編
  第4章 メディア戦略とプロ・スポーツクラブ経営
  第5章 わが国におけるケーブルTV(CATV)と地域スポーツ振興
  第6章 スポーツの本質に根ざすメディア・スポーツ論に向けて

書籍情報トップへ戻る
次の書籍を見る
オススメ
スポーツ報道論
書籍のご注文はこちら
オススメ
スポーツ・ファン・マネジメント
書籍のご注文はこちら
ホーム書籍情報雑誌情報著者紹介 | 会社概要お問合せ通信販売法の表記サイトポリシー
copyright © 2005-2018 SOBUNKIKAKU. all right reserved.