ホーム 書籍情報 雑誌情報 著者紹介 会社概要 お問い合わせ
書籍情報
陸上競技のコーチング・指導のための実践的研究

陸上競技のコーチング
指導のための実践的研究

岡野 進
発行 2009年11月5日
定価 (本体3400円+税)
ISBN978-4-921164-91-1

【目次】

第1章 走幅跳における新跳躍法(回転跳)の実践的研究
1 写真分析によるThe Somersault Long Jump(回転式走幅跳)の有利性について
2 走幅跳における「宙返り跳び」の出現と禁止をめぐって
3 ケルセンブロックによる「回転式走幅跳の分析」
第2章 短距離走・100mレース技術の分析的研究
1 全天候走路が短距離疾走におよぼす有効性についての検討
2 100mレース(競技会)における女子スプリンターのタイム・ピッチ・ストライド
3 短距離疾走におけるArm Action効果に関する実験的研究
4 少年少女スプリンターの100mレースの分析
第3章 競技会における走幅跳・三段跳技術の分析的研究
1 走幅跳の試合における試技記録の心理的分析
2 競技会における走幅跳の助走に関する研究
3 競技会における女子走幅跳の助走リズムについて
4 三段跳の最新技術を分析する―ジョン・ミラーとジェームス・ヘイの論文から
5 Towing(牽引)によるバウンディング・トレーニングの有効性
6 三段跳の助走リズムについての研究
第4章 陸上競技記録の分析的研究
1 陸上競技・フィールド種目における紀元2000年の世界記録の推定
2 100mの限界―100mの記録はどこまで伸びるか
3 陸上競技と統計―世界記録の推移と将来予測
4 近年における新種目「女子三段跳」の発展と記録の推移
5 近年における女子走高跳の競技力の動向について
6 95福岡ユニバーシアード大会(陸上競技)における日本代表選手の競技成績についての考察
7 「高校総体」(陸上競技)走幅跳出場者の記録・記録達成率(実力発揮度)についての分析―2003年・長崎「高校総体」の場合
8 アテネ・オリンピック大会における陸上競技日本代表選手・団の記録「達成率」ならびに実力発揮度について
9 第11回IAAF世界陸上競技選手権大会大阪大会における日本代表選手・群(団)ならびに優勝者・群における「記録達成率(実力発揮度)」についての考察
第5章 海外論文に見る陸上競技技術の分析的研究
1 最大スプリンティング・スピードの養成(Frank W. Dick)
2 コリン・ジャクソンのハードリング技術の分析(Milan Coh)
3 400mハードルの原理(Lalf Lindeman)
4 走高跳の要因(Kyle Tellez)
5 上級走幅跳選手の技術分析(John Miller and James Hay)
6 走幅跳の運動学的、生体力学的モデル(Milan Coh)
7 初心者の三段跳技術の生体力学的分析(Klifford Larkins)
8 パワーのトレーニング(Wilf Paish)
著書・研究論文等一覧
著者履歴・社会活動実績
 
MAILオーダー

MAILオーダーの内容が文字化けして表示される場合はこちら

書籍情報トップへ戻る
次の書籍を見る
オススメ
スポーツ報道論
書籍のご注文はこちら
オススメ
スポーツ・ファン・マネジメント
書籍のご注文はこちら
ホーム書籍情報雑誌情報著者紹介 | 会社概要お問合せ通信販売法の表記サイトポリシー
copyright © 2005-2018 SOBUNKIKAKU. all right reserved.