ホーム 書籍情報 雑誌情報 著者紹介 会社概要 お問い合わせ
書籍情報
近代スポーツの病理を超えて

近代スポーツの病理を超えて
―体験の社会学・試論―

小丸 超
発行 2018年2月26日
定価(本体1,500円+税)
ISBN978-4-86413-104-9
A5判並製・本文120ページ

本書は大きく2つのことを主張する。1つは、近代スポーツ―主に競技スポーツ―は必然的にアスリートを心身の不健康に追い込むという点であり、 もう1つは、そうした心身の不健康を回避するためには新しいコーチング方法が必要であるという点である。 おそらく、こうした主張はありふれたものと思われるだろう。というのも、競技スポーツを導く業績主義の弊害はしばしば指摘されてきたし、 そうした弊害への対策もある程度は講じられてきたからである。しかし、本書は本書なりの独自性を持っている。 それは、こうした問題について「体験」という視点から一貫して論じる点にある。本書では、近代スポーツにおける病理現象を「体験」の視点から再解釈し、 その上で「体験」を誘発するコーチング方法を考察するだろう。
(本書「序章」より)

【主な目次】

  • 序章
    • 1.体験の擁護
    • 2.体験の社会学という立場
  • 第1章 問題・方法・構成
    • 1.スポーツの危機
    • 2.方法
    • 3.構成
  • 第2章 アスリートバーンアウトの概念
    • はじめに
    • 1.心理学系パラダイム
    • 2.社会学系パラダイム
    • 3.体験論系パラダイム
    • おわりに
  • 第3章 アスリートにおけるキャリアトランジション問題
    • はじめに
    • 1.理論枠組の構築
    • 2.事例の分析
    • おわりに
  • 第4章 方法としての「直観」
    • はじめに
    • 1.ガルウェイのコーチング論
    • 2.結城匡啓のコーチング論
    • 3.潜り込みに関する理論的考察
    • おわりに
  • 第5章 「コツ体験」の構造と誘発
    • はじめに
    • 1.コツとカンの語義
    • 2.黒田亮の立体心理学
    • 3.ベルクソンの動的図式論
    • おわりに
  • 終章
    • 1.議論のまとめ
    • 2.体験の社会学の意義
    • 3.今後の課題
 
MAILオーダー

MAILオーダーの内容が文字化けして表示される場合はこちら

書籍情報トップへ戻る
次の書籍を見る
オススメ
スポーツ報道論
書籍のご注文はこちら
オススメ
スポーツ・ファン・マネジメント
書籍のご注文はこちら
ホーム書籍情報雑誌情報著者紹介 | 会社概要お問合せ通信販売法の表記サイトポリシー
copyright © 2005-2018 SOBUNKIKAKU. all right reserved.