ホーム 書籍情報 雑誌情報 著者紹介 会社概要 お問い合わせ
書籍情報
情報爆発時代のスポーツメディア

情報爆発時代のスポーツメディア ―報道の歴史から解く未来像―

滝口 隆司 著
発行:2018年12月5日
ISBN978-4-86413-113-1
定価(本体1,500円+税)
A5判並製・本文152ページ

飛田穂洲、大島鎌吉、人見絹枝、ラジオ中継、新聞コラム、川本信正、『Number』、『江夏の21球』、沢木耕太郎、玉木正之、人口知能(AI)記者、DAZN……スポーツと報道・メディア・ジャーナリストの歴史をたどりながら、“情報爆発時代”といわれる現代におけるスポーツ報道のあるべき姿を考察する。

【主な目次】

第1章 スポーツ報道の歴史的概観
第2章 ロボット化する記者の仕事―進化するデジタル時代―
第1節 五輪報道に人工知能
第2節 競技現場にも機械化の波
第3節 DAZNとJリーグの巨額契約
第4節 Twitterからの発信を模索する記者
まとめ
第3章 スポーツ・ジャーナリズムの夜明け―新聞・ラジオの時代―
第1節 学生野球の父
第2節 五輪の哲人
第3節 女性スポーツの先駆者
第4節 競技者が記者でもあった時代
第5節 ラジオ中継初期
まとめ
第4章 娯楽の追求
第1節 毎日新聞きっての名文家
第2節 報知新聞の「激ペン」
第3節 朝日新聞が伝えたプロ野球
第4節 テレビとスポーツの相性
まとめ
第5章 Number創刊の衝撃―スポーツ総合誌の隆盛―
第1節 江夏の21球
第2節 初代編集長
第3節 直木賞作家が書くスポーツ
第4節 私ノンフィクション
まとめ
第6章 メディアとスポーツの関係―政治・商業主義の対峙―
第1節 スポーツ記者の批判精神
第2節 世界の現場を知る
第3節 スポーツを殺すもの
第4節 日本的環境とメディアの矛盾
まとめ
最終章 新時代に向けて
第1節 スポーツ報道の発想転換
第2節 アカデミズムとジャーナリズムの融合
第3節 提言
年表・スポーツと日本メディアの歴史
 
MAILオーダー

MAILオーダーの内容が文字化けして表示される場合はこちら

書籍情報トップへ戻る
次の書籍を見る
オススメ
スポーツ報道論
書籍のご注文はこちら
オススメ
スポーツ・ファン・マネジメント
書籍のご注文はこちら
ホーム書籍情報雑誌情報著者紹介 | 会社概要お問合せ通信販売法の表記サイトポリシー
copyright © 2005-2018 SOBUNKIKAKU. all right reserved.