ホーム 書籍情報 雑誌情報 著者紹介 会社概要 お問い合わせ
書籍情報
2020 東京オリンピック・パラリンピックを社会学する

2020 東京オリンピック・パラリンピックを社会学する
日本のスポーツ文化は変わるのか

日本スポーツ社会学会編集企画委員会 編
発行:2020年4月20日
ISBN978-4-86413-131-5
定価(本体2,400円+税)
A5判並製・本文264ページ

【主な目次】

序章 日本人にとってオリンピックとは:その物語を読み解く(杉本厚夫
第1部 オリンピック・パラリンピックが変える社会
第1章 オリンピック・レガシー研究の隘路と可能性:ポスト・オリンピック研究に向けて(石坂友司
第2章 メディア・イベントとしてのオリンピック・パラリンピックの歩みとこれから(浜田幸絵)
第3章 日本のユーススポーツ:これからの運動部活動をどう構想するか(中澤篤史
第4章 スポーツによる国際貢献への熱狂が造り出すもの(小林 勉
第2部 オリンピック・パラリンピックが変える日本のスポーツ参加
第5章 日本におけるスポーツ参加の現状と課題(西山哲郎
第6章 東京2020オリンピック開催に向けたスポーツ政策における女性アスリートの身体:「女性特有の課題」としての生殖機能の保護と管理(高峰 修
第7章 障がい者スポーツにもたらされるべき変化とは(渡 正
第8章 オリンピックとボランティア政策(金子史弥)
第3部 オリンピック・パラリンピックが変える地域
第9章 地域スポーツの行方:地域のスポーツプロモーションはどのような人々が担うのか(水上博司
第10章 東京2020オリパラ大会で東京はどう変わるか:東京五輪の開催と都市TOKYOの変容(小澤考人)
第11章 学校体育のこれからと地域(原 祐一)
第12章 被災地から見た「復興五輪」:地方紙の記事分析から(笹生心太)
おわりに(大沼義彦)
 
MAILオーダー

MAILオーダーの内容が文字化けして表示される場合はこちら

書籍情報トップへ戻る
次の書籍を見る
オススメ
スポーツ報道論
書籍のご注文はこちら
オススメ
スポーツ・ファン・マネジメント
書籍のご注文はこちら
ホーム書籍情報雑誌情報著者紹介 | 会社概要お問合せ通信販売法の表記サイトポリシー
copyright © 2005-2019 SOBUNKIKAKU. all right reserved.