ホーム 書籍情報 雑誌情報 著者紹介 会社概要 お問い合わせ
書籍情報
体育の「主体的・対話的で深い学び」を支えるICTの利活用

体育の「主体的・対話的で深い学び」を支えるICTの利活用

鈴木直樹・鈴木一成 編
発行 2019年3月22日
定価 (本体1,700円+税)
ISBN 978-4-86413-115-5
A5判並製・本文184ページ

【本書「はじめに」より】

超高度情報化社会が進展する中で、ICT機器を体育の授業実践でも適切に利活用することで、「主体的・対話的で深い学び」の実現を目指す取り組みが期待されています。一方、時代の大きな変貌とは対照的に、体育授業の風景はあまり変化がないように感じています。(中略)すなわち、動きづくりに対しての模範の提示、動きを撮影しての分析にとどまっていることがほとんどではないかと思います。(中略)そこで、本書は、このような現状に対して応えるべく、企画されました。

本書は、体育でICTを利活用する為のスタートラインに立ちたい人や、もっと工夫してICTの利活用を考えていきたい人達の欲求を満足させるものとなっています。本書を手にとって頂き、考えを共有し、新たな体育の未来を創っていくパートナーになって頂ければ、この上ない喜びです。

【主な目次】

  • 第1章 ICTが生み出す体育の未来
  • 第2章 ICTを利活用した実践者たちの声
  • 第3章 実践で語る新しい授業実践のカタチ
  • 第4章 体育におけるICT利活用のQ&A
  • 第5章 体育におけるICT利活用の理論
  • 第6章 体育におけるICT利活用のアイデア
 
MAILオーダー

MAILオーダーの内容が文字化けして表示される場合はこちら

書籍情報トップへ戻る
次の書籍を見る
オススメ
小学生の陸上競技指導と栄養・スポーツ傷害
書籍のご注文はこちら
オススメ
ねこちゃん体操からはじめる器械運動のトータル学習プラン
書籍のご注文はこちら
ホーム書籍情報雑誌情報著者紹介 | 会社概要お問合せ通信販売法の表記サイトポリシー
copyright © 2005-2019 SOBUNKIKAKU. all right reserved.