ホーム 書籍情報 雑誌情報 著者紹介 会社概要 お問い合わせ
スポーツ社会学研究

「スポーツ社会学研究」 第14巻(2006)

発行 日本スポーツ社会学会
発売 創文企画
定価 (本体1900円+税)
B5版 本文136ページ
ISBN4-921164-42-8

【内容目次】
特別寄稿
スポーツにあらわれた芸術と技術−訓練と学習に関する短い考察(池井 望)
オリンピックをなぜ開催するのか(ジャン・W・ロイ)
国際オリンピック委員会の道徳的権威−将来への提言(ピーター・ドネリー/ブルース・キッド)
スポーツとことば−「古舘伊知郎」とスポーツ実況(清水泰生、岡村正史、梅津顕一郎、松田惠示
スポーツマンシップの起源−社会史的一考察(中江桂子)

論文
〈身体〉の政治を再考する視角を求めて−茨城県T市における高齢者健康増進施策の事例から(高尾将幸)
ガーナにおけるサッカーのローカル化−生活保障としての「約束金システム」をめぐって(坂本 幹)
芸道における身体教育の段階性に関する一考察(迫 俊道)

書評
橋本純一編『現代メディアスポーツ論』(中江桂子)
井上 俊著『武道の誕生』(志々田文明
志々田文明著『武道の教育力』(菊 幸一

English Abstract
会員の研究業績
『スポーツ社会学研究』の発行に関する規定
編集後記

 
MAILオーダー

MAILオーダーの内容が文字化けして表示される場合はこちら

雑誌情報トップへ戻る
次の雑誌を見る
オススメ
スポーツ報道論
書籍のご注文はこちら
オススメ
スポーツ・ファン・マネジメント
書籍のご注文はこちら
ホーム書籍情報雑誌情報著者紹介 | 会社概要お問合せ通信販売法の表記サイトポリシー
copyright © 2005-2018 SOBUNKIKAKU. all right reserved.