ホーム 書籍情報 雑誌情報 著者紹介 会社概要 お問い合わせ
サイト内を検索
著者情報

さ行

齋藤 健司(さいとう けんじ)
佐伯 年詩雄(さえき としお)
  • 「スポーツ文化論の思想と実践 〜楽しい体育からスポーツ宣言日本まで〜」『21世紀のスポーツ社会学』所収、2013年
  • 「スポーツ組織と市民社会/地域社会 ―スポーツクラブの歴史社会学―」『スポーツ・コモンズ』編著、2014年
  • 「現代オリンピック考 ―モンスターイベントに群がるビジネスと政治―」『現代スポーツ評論(30)』所収、2014年
  • 「2020東京オリンピック競技会―レガシー戦略の虚像と実像―」 『スポーツ社会学研究 第23巻2号』所収、2015年
  • 「座談会:求められるスポーツのモラル教育とは」『現代スポーツ評論(38)』所収、2018年
  • 坂 なつこ(さか なつこ)
    酒井 利信(さかい としのぶ)
    坂入 洋右(さかいり ようすけ)
    坂上 康博(さかうえ やすひろ)
    坂口 正治(さかぐち まさはる)
    阪田 尚彦(さかた なおひこ)
    作野 誠一(さくの せいいち)
    左近允 輝一(さこんじゅう てるかず)
    笹川 敬史(ささがわ けいじ)
    佐々木 康(ささき こう)
    佐々木 浩雄(ささき ひろお)
    笹瀬 雅史(ささせ まさし)
    • 「スキーの技術j」(共著)『スポーツ技術・ルールの変化と社会II−スポーツ文化論(8)』所収、1997年
    佐藤 純一(さとう じゅんいち)
    佐藤 伸一郎(さとう しんいちろう)
    佐藤 学(さとう まなぶ)
    佐藤 豊(さとう ゆたか)
    真田 久(さなだ ひさし)
    佐野 慎輔(さの しんすけ)
    佐山 和夫(さやま かずお)
    沢木 耕太郎(さわき こうたろう)
    澤井 和彦(さわい かずひこ)
    澤田 和明(さわだ かずあき)
    澤地 照彦(さわち てるひこ)
    澤野 雅彦(さわの まさひこ)
    志々田 文明(ししだ ふみあき)
    • 「オイゲン・ヘリゲルの観た「日本の弓道」」『外来スポーツの理解と普及−スポーツ文化論(5)』所収、1995年
    • 「武道における「失われてはならない独自性」」『日本文化の独自性−スポーツ文化論(9)』所収、1998年
    司東 道雄(しとう みちお)
    篠崎 守(しのざき まもる)
    澁谷 茂樹(しぶや しげき)
    島田 亨(しまだ とおる)
    清水 麗(しみず うらら)
    清水 諭(しみず さとし)
    清水 紀宏(しみず のりひろ)
    清水 満(しみず みつる)
    進藤 貴美子(しんどう きみこ)
    新保 淳(しんぽ あつし)
    杉本 厚夫(すぎもと あつお)
    杉本 隆(すぎもと たかし)
    杉山 茂(すぎやま しげる)
    杉山 千鶴(すぎやま ちづる)
    鈴木 理(すずき おさむ)
    鈴木 康史 (すずき こうし)
    鈴木 直樹(すずき なおき)
    鈴木 直文(すずき なおふみ)
    鈴木 なつ未(すずき なつみ)
    • 「女子柔道における医学的諸問題」(共同執筆)『女子柔道論』所収、2006年
    鈴木 秀人(すずき ひでと)
    須田 泰明(すだ やすあき)
    • 『37億人のテレビンピック』2002年
    • 「体験的オリンピック論−走馬灯の五輪取材32年」『現代スポーツ評論(10)』所収、2004年
    関 春南(せき はるなみ)
    • 「スポーツ環境としての政治」『スポーツをとりまく環境−スポーツ文化論(3)』所収、1993年
    • 「「スポーツ立国戦略」から「スポーツ基本法へ」 ―課題と展望」『現代スポーツ評論(26)』所収、2012年
    関根 正美(せきね まさみ)
    千田 利文(せんだ としふみ)
    寒川 恒夫(そうがわ つねお)

    ▲ページTOPへ

    オススメ
    スポーツ報道論
    書籍のご注文はこちら
    オススメ
    スポーツ・ファン・マネジメント
    書籍のご注文はこちら
    ホーム書籍情報雑誌情報著者紹介 | 会社概要お問合せ通信販売法の表記サイトポリシー
    copyright © 2005-2018 SOBUNKIKAKU. all right reserved.